Works
GINGRICH

極み純黒糖

いちばん、あまみ!「極み純黒糖」のパッケージ&ディレクションを行いました。

奄美大島で黒糖焼酎をつくる奄美大島開運酒造が製造販売しています。人気焼酎「れんと」「紅さんご」の蔵元さんです。

原料は世界自然遺産にも認定された奄美大島の中でも、もっとも手つかずの自然が残る宇検村に育ったサトウキビ、それだけ。茎をつぶすと出てくる搾り汁を煮立てて丁寧にアクをとり、冷やし固めてつくる “純黒糖”です。

その味わいは、粗糖(白砂糖の原料)や糖蜜などを加えてつくる「加工黒糖」とは全くの別物! サトウキビという植物そのものの魅力をひめた、おやつにもおつまみにもなる贅沢な逸品です。

純黒糖はサトウキビの収穫を終えてすぐの年明けにつくられます。つまり今年ならでは、収穫した土地ならではの味があるということ。水のきれいな宇検だからこその、きれいな味がします。
さらに純黒糖には、ミネラル(ナトリウム、カルシウム、マグネシウ ム、リン、鉄など)、ビタミン(ビタミン B1、B 2、B6 など)といった、精製糖では取り除かれ てしまう栄養分が豊富に残るともいわれます。

型に薄く流しこんだ板状の黒糖をカットした【板】 、塊をハサミでカットした【ガブ】の2タイプがそろいました。奄美の人は、こういう塊をガブと呼ぶそうです。

お土産にもおすすめ! ギングリッチ1階の「AVIEW Tokyo」でも販売しています。